福井のパーソナルトレーニングスタジオ
KiRAN(きらん)
メニュー
  • HOME
  • 新着情報
  • KiRANのご紹介
  • メニュー
  • トレーナー紹介
  • 設備紹介
  • 料金体系
  • 店舗情報
  • よくある質問
  • オンライントレーニング動画
  • KiRAN ネットショップ
  • お問い合わせ
  • facebook
  • instagram
お問い合わせ
  • facebook
  • instagram
  • お問い合わせ

新着情報

筋肉をつけすぎると硬くなる?スピードが落ちる?

2020/4/30(木)

筋肉がつく=腕や足が太くなる、ガッチリする、といったイメージがあります。

そしてそういった体は、硬そうで、重そうで、といった印象になります。

果たして、実際はどうなのでしょう?

 

まずは、硬さ。実は、筋肉が増えることによって体が硬くなることはありません。どちらかといえば柔軟性は増します。逆に、持久力的なトレーニング(有酸素運動)のうほうが柔軟性が失われる可能性は高いです。

 

ただ、ものすごい量の筋肉をつけると、関節の可動域が狭くなることはあります。例えば、腕の筋肉をつけすぎて肘が曲がりにくい、などです。しかし、これは筋肉の柔軟性が問題ではありません。競技に合わせた筋肉のつけ方を間違えてはいけませんが、一般的な筋力トレーニングで筋肉が硬くなる心配はいらないということです。

 

次にスピードはどうか。これも、筋肉がつくことでスピードが落ちるとは言えませんが、落ちないとも言い切れません。例えば、体幹に対して、末端(前腕やふくらはぎ等)の筋肉の方が明らかに発達している場合などは、動作のスタートもストップも遅くなります。

これは「慣性モーメント」という言葉で説明できるのですが、簡単に言うと、先が重いものは動かしにくく、根本が重いものは動かしやすいということです。

つまり、筋肉はついていたほうがいいのですが、つく場所のバランスが大事だということです。体幹(根本)にしっかりとついていて、手足はムチのようにしなやかに使えるというのが理想です。

 

まとめると、ヘタな筋肉のつけ方をすると、動きが制限されたり、スピードが落ちてしまう可能性はありますが、柔軟性を上げるためにも、スピードアップのためにも、筋肉は必要だということです。イメージに惑わされないように注意しましょう(^-^)

 

筋肉がつく=腕や足が太くなる、ガッチリする、といったイメージがあります。

そしてそういった体は、硬そうで、重そうで、といった印象になります。

果たして、実際はどうなのでしょう?

 

まずは、硬さ。実は、筋肉が増えることによって体が硬くなることはありません。どちらかといえば柔軟性は増します。逆に、持久力的なトレーニング(有酸素運動)のうほうが柔軟性が失われる可能性は高いです。

 

ただ、ものすごい量の筋肉をつけると、関節の可動域が狭くなることはあります。例えば、腕の筋肉をつけすぎて肘が曲がりにくい、などです。しかし、これは筋肉の柔軟性が問題ではありません。競技に合わせた筋肉のつけ方を間違えてはいけませんが、一般的な筋力トレーニングで筋肉が硬くなる心配はいらないということです。

 

次にスピードはどうか。これも、筋肉がつくことでスピードが落ちるとは言えませんが、落ちないとも言い切れません。例えば、体幹に対して、末端(前腕やふくらはぎ等)の筋肉の方が明らかに発達している場合などは、動作のスタートもストップも遅くなります。

これは「慣性モーメント」という言葉で説明できるのですが、簡単に言うと、先が重いものは動かしにくく、根本が重いものは動かしやすいということです。

つまり、筋肉はついていたほうがいいのですが、つく場所のバランスが大事だということです。体幹(根本)にしっかりとついていて、手足はムチのようにしなやかに使えるというのが理想です。

 

まとめると、ヘタな筋肉のつけ方をすると、動きが制限されたり、スピードが落ちてしまう可能性はありますが、柔軟性を上げるためにも、スピードアップのためにも、筋肉は必要だということです。イメージに惑わされないように注意しましょう(^-^)

 

ページTOPへ
ページTOPへ

パーソナルトレーニングスタジオ KiRAN

お問い合わせ

〒910-0804 福井市高木中央2丁目704 ウエストビル2-D
営業時間/9:00~22:00(完全予約制)
定休日/毎月第2火曜日、第4日曜日、第5月曜日

copyright © 2020 Personal Training Studio KiRAN all rights reserved.